こまがね市民活動支摂センターとは

 ■設置目的 … センターの位置づけは?

   こまがね市民活動支援センターは、市民活動が地域に根付き、誰もが心豊かに暮らせる
   共生社会を実現するため、相談・情報の受発信・活動の場の提供・講座やイベントなど
   を通じて市民活動をサポートするとともに、多くの人たちが集い、議論し、行動し、
   市民活動団体相互や市民と行政が手を携え、協働のまちづくりを推進するための拠点と
   して設置されました。

line
 ■利用出来る団体等 … 会員登録・施設利用できる団体は?

   こまがね市民活動支援センターの会員登録及び施設利用は、「駒ケ根市協働のまちづくり
   条例」で規定されている『市民活動』の定義をもとに、活動の趣旨や内容によって登録・
   利用ができます。

   会員登録・施設利用ができる団体の活動は
   「非営利活動」・「自主的活動」・「公益的活動」であること。
   ※非公益的な活動であっても、将来的にに公益的な活動に発展すると期待される団体も
    含まれます。

line
 ●次の要件を全て満たした団体・個人の活動について登録・利用することができます。

   非営利活動 … 営利を目的としていない活動であること。

   自主的活動 … 自らの意志で主体的に行う活動であること。

   公益的活動 … 不特定多数の利益の増進に寄与することを目的とした活動であること。

   ※趣味・娯楽・スポーツ・レクリエーションなどの活動でも、不特定多数の参加を受
    け入れる場合は、公益性があると判断いたします。

   ただし、宗教活動、政治活動、選挙活動、営利を目的とする活動、公益を害する恐れ
   がある活動は除きます。
   なお会員登録されていても、会員登録基準に適合しない活動についてはセンターを利
   用することはできません。